名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)車内デザイン

名鉄6000系広見・蒲郡線ワンマン車車内名鉄

1976年に誕生した名鉄を代表する通勤型車両6000系電車のうち、広見線・蒲郡線ワンマンに対応する3次車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)車内
車内
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)座席、袖仕切り、カーテン
座席、袖仕切り、カーテン
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)優先席
優先席
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)貫通路
貫通路
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)車いすスペース
車いすスペース
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)乗務員室背面
乗務員室背面
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)運賃箱
運賃箱
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)客用ドア、消火器
客用ドア、消火器
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)非常ハシゴ
非常ハシゴ
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)吊革
吊革
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)荷棚
荷棚
名鉄6000系(広見・蒲郡線ワンマン車)天井部
天井部

概要

大きな固定窓を有する初期型の6000系のうち、2両編成の一部が車内運賃収受に対応したワンマン改造を実施されています。

車内はワンマン改造と合わせて特別整備工事が実施されており、明るいロングシートの車内となっています。アイボリーの化粧板、着席区分の入った茶色いモケット、柄の入った床面のカラー構成で、横引きカーテンは存置されています。天井部にはクーラー吹出部が並び、その横に直接天井から吊革がぶらさがっています。貫通路は両引きドアがありますが、ワンマン運転時は常時開放されています。先頭部には運賃箱が設置されていますが、電光式の運賃表はなく印刷物が額に入っています。

本線でも増結で見かけることがありますが、車内収受を行う広見線と蒲郡線は同車両がメインで使用されています。

関連項目

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台

タイトルとURLをコピーしました