名古屋市営地下鉄3000形 車内デザイン

名古屋市営地下鉄3000形車内名古屋市営地下鉄

鶴舞線開業の1977年に誕生し、その後引退が続き現在は1編成が残る、名古屋市営地下鉄3000形の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名古屋市営地下鉄3000形 車内
車内
名古屋市営地下鉄3000形 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
名古屋市営地下鉄3000形 優先席
優先席
名古屋市営地下鉄3000形 貫通路(ドアなし)
貫通路(ドアなし)
名古屋市営地下鉄3000形 貫通路(ドア有り)
貫通路(ドア有り)
名古屋市営地下鉄3000形 乗務員室背面
乗務員室背面
名古屋市営地下鉄3000形 客用ドア
客用ドア
名古屋市営地下鉄3000形 鏡
名古屋市営地下鉄3000形 吊革
吊革
名古屋市営地下鉄3000形 荷棚
荷棚
名古屋市営地下鉄3000形 天井部
天井部

概要

現在約20km、20駅を有する鶴舞線が開業した当初用意されたステンレス製の車両が3000形です。光かがやく四角いボディが個性的な車両です。

車内は濃いベージュ色の化粧板、茶色い床にしぶい紺色のカラーリングで構成されています。窓は1枚下降窓で、写真の車両は後期に導入された車両のため開閉が可能です。座席はシンプルな袖仕切りを持ち、着席区分を示す縫い目があります。一部に存在する貫通ドアは非常に珍しい、窓が上部に小さいタイプなのが特徴です。貫通ドア、客用ドアとも化粧板仕上げとなっています。ドア横には鏡と、中間車では名鉄線内での車掌操作用のスイッチ類が用意されています。

長らく鶴舞線の顔として名鉄100系とともに活躍してきましたが、令和5年冬現在、いよいよ残り1編成までその数を減らしています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】西鉄7000形
【番外】車内リニューアルBefore & After Part3
仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン
【座席モケット紹介】しなの鉄道115系
【番外】烏丸線10系インテリア進化の系譜
タイトルとURLをコピーしました