【座席モケット紹介】阪神5550系

阪神5550系座席モケット座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

座席モケット
座席(全体像)

概要

阪神最後のアレグロブルーをまとった車両となった5550系です。2010年に誕生した4両1編成のみの存在となっています。

座席のモケットは登場当初より青紫色のジャガード織が採用されています。座席はドア間8人掛けで、バケットシートとなっており着席区分が形状で示されています。袖仕切りは外側がシンプルな水色、内側は同じモケットが張り付けられています。座席下には蹴込板があり、床面はベージュのツートンカラー、壁面は明るめのグレーとなっています。

リノベーションされた5500系やステンレス青胴車5700系と共通運用で、平成の阪神電車らしさを保ちながら活躍中です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】西鉄7000形
【番外】車内リニューアルBefore & After Part3
仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン
【座席モケット紹介】しなの鉄道115系
【番外】烏丸線10系インテリア進化の系譜
タイトルとURLをコピーしました