【座席モケット紹介】JR九州BEC819系

JR九州BEC819系座席モケット JR九州

座席モケット紹介

Photo Gallery

JR九州BEC819系 座席モケット
座席モケット
JR九州BEC819系 座席(全体像)
座席(全体像)

概要

817系ロングシート車以降、木製筐体にカラフルなモケットが貼られた車両が誕生しました。今回はBEC819系基本番台の1種です。

BEC819系は全体的に青色系モケットで構成されています。今回ご紹介するモケットは市松模様のような四角形にさまざまな模様が織り込まれ、グレーのラインで仕切られたデザインです。座席袖横の2席については枕まで用意されています。座面と背摺りは同じモケットの組み合わせですが、ドア間はポールを仕切りに途中で柄が変化し、乗客の楽しみの一つとして演出されています。また写真の基本番台は座席下のヒーターは黒色となっています。

座席ごとに異なるモケットのためバリエーションが豊富なBEC819系。福岡県下で活躍中です。

関連項目

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ9000系(5次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系

タイトルとURLをコピーしました