JR九州BEC819系0番台(DENCHA)車内デザイン

JR九州

JR九州の非電化区間に登場した画期的な蓄電池駆動電車、Dual ENergy CHarge tRainことBEC819系の車内デザインをご紹介します。(2022.7.24写真追加)

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR九州BEC819系(DENCHA)車内
車内
JR九州BEC819系(DENCHA)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
JR九州BEC819系(DENCHA)優先席、ゴミ箱、テーブル、スマートドアスイッチ
優先席、ゴミ箱、スマートドアスイッチ
JR九州BEC819系(DENCHA)貫通路(バッテリー側)
貫通路(バッテリー側)
JR九州BEC819系(DENCHA)お手洗い
お手洗い
JR九州BEC819系(DENCHA)フリースペース
車いすスペース、介助者用いす
JR九州BEC819系(DENCHA)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置(バッテリー部)
JR九州BEC819系(DENCHA)乗務員室背面
乗務員室背面
JR九州BEC819系(DENCHA)客用ドア
客用ドア
JR九州BEC819系(DENCHA)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置(ドア上鴨居部)
JR九州BEC819系(DENCHA)吊革
吊革
JR九州BEC819系(DENCHA)吊革(優先席)
吊革(優先席)
JR九州BEC819系(DENCHA)荷棚
荷棚
JR九州BEC819系(DENCHA)天井部
天井部

概要

デザイナー水戸岡氏によるインテリアシリーズで、815系から通じるアルミ素材を生かしたブロック構造の美しい内装です。

外観は白と青を基調とした塗装車体です。内装については、木製のシートではモケット柄に遊びがあり、床面の柄はQRコード風、大型の透明袖仕切りで開放感を演出し明るい内装に仕上がっています。蓄電池は連結部よりに搭載されており、車端部は通路が狭くなっています。小さなテーブル、立席スペースのヒーターなど、本当に随所へこだわりがみられる逸品です。客用ドアにはKUROがあしらわれ、貫通路のドアは全面ガラス張りです。

ブルーリボン賞を受賞した、通勤型車両としては非常に珍しい例です。画期的な蓄電池電車が地方鉄道事情に一石を投じました。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
流鉄5000形流星 車内デザイン
福岡市地下鉄3000系 車内デザイン
阪神5700系 車内デザイン
【座席モケット紹介】山陽5030系(優先座席)

タイトルとURLをコピーしました