名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)車内デザイン

名古屋市営地下鉄N1000形後期車車内名古屋市営地下鉄

2007年に登場した東山線向けのステンレス車両、名古屋市営地下鉄N1000形のうち、2012年以降に増備された編成の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)車内
車内
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)優先席
優先席
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)貫通路
貫通路
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)車いすスペース
車いすスペース
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)乗務員室背面
乗務員室背面
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)客用ドア
客用ドア
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)吊革
吊革
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)荷棚
荷棚
名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)天井部
天井部

概要

N1000形は2007年に誕生した日車式ブロック工法を採用したステンレス車両です。最初に製造された4編成と後期に製造された編成で車内が異なります。

こちらにご紹介するのは後期に増備された車両です。基本的なカラースキームは初期車と同様、白系統を中心に座席がオレンジ色、床が茶色系となっています。後期車からは座席の袖仕切りが大型化され、スタンションポールが追加。またドア上の車内案内装置が液晶ディスプレイ型となったのが特徴です。吊革は異なる高さが混在して設置されています。

名古屋市営地下鉄N1000形(後期車)ハッチー

液晶ディスプレイはハッチービジョンという愛称がありますが、ハッチーは貫通路でもN1000形のことを見守ってくれています。東山線の主力として、N1000形は日々活躍しています。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【番外】車内リニューアルBefore & After Part3
仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン
【座席モケット紹介】しなの鉄道115系
【番外】烏丸線10系インテリア進化の系譜
名古屋市営地下鉄3000形 車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました