近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)車内デザイン

近鉄8810系FC11編成車内車内

1981年、初めて角形ボディの前面飾り付きデザインを採用し登場した近鉄8810系のうち、大阪線所属編成のB更新施工前の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)車内
車内
近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)優先座席
優先座席
近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)貫通路
貫通路
近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)乗務員室背面
乗務員室背面
近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)客用ドア
客用ドア
近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)吊革
吊革
近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
近鉄8810系(FC11編成B更新施工前)荷棚
荷棚

概要

はじめて界磁チョッパ制御を採用して奈良線系統向けに投入された車両で、その後5800系まで続くデザインを採用した最初の形式でもあります。

当初の内装は木目調でしたが、2000年代に入り更新工事が実施され、インバータ車などとおなじベージュ系の化粧板に変更されました。床は茶色、ドアは単板ガラス、車いすスペースなしという初期更新車に見られる仕様がこの編成には残っていました。最近になって座席モケットをグレー系に、優先座席はオレンジ系に変更されています。このFC11編成は後年大阪線へ移籍し、大阪線系統唯一の8810系として活躍しています。

B更新後の同編成車内

この内装も現在は見納め。2021年に入りFC11編成もB更新が実施され、黒色をアクセントカラーに取り入れた新しいデザインに変化し、バリアフリー設備の追加などが実施されました。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

都営6300形(1次車01編成)車内デザイン
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)車内デザイン
【番外】近鉄信貴線2400系の思い出
【座席モケット紹介】東急5080系(8連化増備車)
東武8000系(初期車・更新車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました