阿武隈急行8100系 車内デザイン

阿武隈急行8100系車内車内

1988年の阿武隈急行全線開業に合わせて用意された近郊型電車、阿武隈急行8100系の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

阿武隈急行8100系 車内
車内
阿武隈急行8100系 座席(セミクロスシート)
座席(セミクロスシート)
阿武隈急行8100系 座席(ボックスシート)
座席(ボックスシート)
阿武隈急行8100系 座席(ロングシート)、袖仕切り
座席(ロングシート)、袖仕切り
阿武隈急行8100系 優先席
優先席
阿武隈急行8100系 貫通路
貫通路
阿武隈急行8100系 乗務員室背面
乗務員室背面
阿武隈急行8100系 LCD運賃表
LCD運賃表
阿武隈急行8100系 運賃箱
運賃箱
阿武隈急行8100系 客用ドア(先頭部)
客用ドア(先頭部)
阿武隈急行8100系 客用ドア(連結部)
客用ドア(連結部)
阿武隈急行8100系 整理券発行機
整理券発行機
阿武隈急行8100系 吊革
吊革
阿武隈急行8100系 荷棚
荷棚
阿武隈急行8100系 天井部
天井部

概要

電化開業に合わせて用意された同車は、JRの713系電車に準じた設計ながら、オリジナルデザインの前面やワンマン対応設備などのオリジナリティが見られる車両です。

車内は同地区ではおなじみのセミクロスシート配置です。座席モケットは鮮やかな赤色系で、ロングシート部は201系などにもみられる袖仕切り板が設けられています。天井はフラットで、トイレの設備があります。ドアは運転台直後は1枚開き、連結部よりは2枚開きドアとなっており、ステップが1段あります。また、貫通路はワンマン運転に配慮した結果、独特なきのこ型の形状となっているのがユニークです。ワンマン設備を備えており、運転台よりのドアが運転室の直後に設けられているのがJR車両との違いです。

開業時以来活躍を続けていますが、後継のAB900系電車も誕生しており、順次その姿を消すものと思われます。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

都営6300形(1次車01編成)車内デザイン
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)車内デザイン
【番外】近鉄信貴線2400系の思い出
【座席モケット紹介】東急5080系(8連化増備車)
東武8000系(初期車・更新車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました