名鉄100系(特別整備車)車内デザイン

名鉄100系特別整備車車内 名鉄

1979年から地下鉄鶴舞線直通運用対応の4ドア車両として製造された名鉄100系電車のうち、特別整備を受けた1・2次車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名鉄100系(特別整備車)車内
車内
名鉄100系(特別整備車)座席、袖仕切り、横引カーテン
座席、袖仕切り、横引カーテン
名鉄100系(特別整備車)優先席
優先席
名鉄100系(特別整備車)貫通路
貫通路
名鉄100系(特別整備車)車いすスペース
車いすスペース
名鉄100系(特別整備車)乗務員室背面(1次車)
乗務員室背面(1次車)
名鉄100系(特別整備車)客用ドア
客用ドア
名鉄100系(特別整備車)吊革
吊革
名鉄100系(特別整備車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
名鉄100系(特別整備車)荷棚
荷棚
名鉄100系(特別整備車)天井部
天井部

概要

1978年、6000系をベースに4ドアが採用された車両です。今回ご紹介するのは1次車の車内で、更新工事を受けて内装に変化が見られます。

ロングシートの車内はなにより横引カーテンのついた1枚固定ガラスの側窓がとても個性的で目に留まります。座席は茶色系で、座席袖には板型の仕切りが採用されました。車内は更新工事を経て明るい化粧板に変更され、ドア付近の床には黄色の警戒色、また床は中央部に柄の入ったツートーンに変化しています。天井部から直接ぶらさがる吊革は更新工事を受けた際に三角形に変更されました。1次車と2次車では乗務員室背面の窓押さえ形状に差異が見られます。

1次車は40年以上運行されており比較的高齢です。薄暗い地下で鮮やかな赤色の電車が末長く走り続けることを祈るばかりです。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ9000系(5次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
タイトルとURLをコピーしました