阪神5700系 車内デザイン

阪神5700系車内車内

2015年に登場した各駅停車用の青胴車、久々のステンレスボディの阪神5700系電車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

阪神5700系 車内
車内
阪神5700系 座席(ちょい乗りシート)、袖仕切り、中仕切り、スタンションポール
座席(ちょい乗りシート)、袖仕切り、中仕切り、スタンションポール
阪神5700系 優先座席
優先座席
阪神5700系 貫通路
貫通路
阪神5700系 車いすスペース
車いすスペース
阪神5700系 乗務員室背面
乗務員室背面
阪神5700系 客用ドア
客用ドア
阪神5700系 半自動ドア開閉ボタン
半自動ドア開閉ボタン
阪神5700系 LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
阪神5700系 吊革
吊革
阪神5700系 吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
阪神5700系 荷棚 
荷棚
阪神5700系 天井部
天井部

概要

久々の新形式は非常に意欲的な車両となり、鉄道友の会のブルーリボン賞受賞にまで至りました。

車内も非常に斬新です。青を基調として阪神の各駅停車のテーマを踏襲しつつ、座席は端部をちょい乗りシートと呼ばれる腰高なシートとしています。吊革も青で、優先座席はモケット・吊革ともエメラルド色です。袖仕切りは他社に類を見ない板型で、座る人の肘スペースと立ち客の腰当てを兼ねた形状です。ドア上には大型LCDディスプレイが千鳥配置で設置されました。貫通路のドアはガラス張りとなっています。また、ドアは半自動式を取り入れています。

阪神の青胴車はもっぱら各駅停車へ運行されており、徐々に増備を重ねて現在もっとも数の多い形式となりました。阪神線のサービス向上に大きく寄与しています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました