【座席モケット紹介】JR四国7000系

JR四国7000系座席モケット JR四国

座席モケット紹介

Photo Gallery

JR四国7000系座席モケット
座席モケット
JR四国7000系座席(全体像)
座席(全体像)

概要

1990年に予讃線の電化延伸に合わせて誕生したのが7000系で、ステンレスボディやVVVFインバータ制御など意欲的な車両です。

明るい内装はセミクロスシートで、車両中央部を軸に点対称でロングシートとボックスシートが展開しています。座席はシンプルな構造で、モケットは紫色を採用されています。袖仕切りはパイプを用いたシンプルなものですが、立ち客に配慮された形状となっているのがポイントです。窓が非常に大きいため車内はとても明るく、混雑時にも長距離運用にも対応するレイアウトが魅力的です。両運転台の電動車と、片運転台の付随車が存在します。

予讃線で広く活躍しており、見かける機会も多く、四国らしさあふれるインテリアが楽しめます。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

JR四国1500形(8次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】近鉄6820系(優先座席)
【特集】在りし日の阿蘇山ロープウェー
神鉄2000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州813系2200番台(ロングシート改造車)
タイトルとURLをコピーしました