名鉄3500系(初期更新車)車内デザイン

名鉄3500系初期更新車車内名鉄

1993年、本格的にVVVFインバータ制御を採用して登場した4両編成の通勤型、名鉄3500系のうち、初期にリニューアルを受けた車両の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名鉄3500系(初期更新車)車内
車内
名鉄3500系(初期更新車)座席、袖仕切り、カーテン
座席、袖仕切り、カーテン
名鉄3500系(初期更新車)優先席
優先席
名鉄3500系(初期更新車)貫通路
貫通路
名鉄3500系(初期更新車)LCD車内案内装置、号車表示
LCD車内案内装置、号車表示
名鉄3500系(初期更新車)車いすスペース
車いすスペース
名鉄3500系(初期更新車)乗務員室背面
乗務員室背面
名鉄3500系(初期更新車)客用ドア
客用ドア
名鉄3500系(初期更新車)吊革
吊革
名鉄3500系(初期更新車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
名鉄3500系(初期更新車)荷棚
荷棚
名鉄3500系(初期更新車)天井部
天井部

概要

6000系列末期の車体デザインに近代的な足回りを装備して誕生した3500系も、誕生から20年以上が経過しリニューアルの対象となりました。

初期に更新を受けた車両は、基本的に車内のカラースキームに変化はなく、アイボリーの化粧板に茶色系モケット、塗りドア、中央部に模様の入った床面の名鉄らしいデザインです。ドア間の座席数が少ないのが本系列の特徴です。更新工事によって、貫通路上の車内案内装置が小型のLCDモニタ(パッとビジョン)に取り換えられ、照明のLED化、優先席位置の変更などが実施されています。吊革は天井から直接下がったタイプで、優先席付近は黄色い吊り輪がついています。

このタイプの更新は数本にとどまり、2019年からは新車並みの大掛かりなリニューアルへと移行しました。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

Osaka Metro30000系(31系)1・2次車 車内デザイン
【番外】鉄道車両における「鴨居」の話
JR西日本115系(岡山地区2連ワンマン車)車内デザイン
伊豆箱根鉄道5000系(第1編成)車内デザイン
阪急5100系(リニューアル車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました