【駅デザイン紹介】JR東日本 高輪ゲートウェイ駅

JR東日本

2020年3月14日、山手線久しぶりの新駅として開業した高輪ゲートウェイ駅の、初日夜の駅デザインを一部ですがご紹介します。

駅デザイン紹介

Photo Gallery

JR東日本 高輪ゲートウェイ駅
話題の駅看板。ヒラギノ明朝とGaramondの組み合わせ。
JR東日本 高輪ゲートウェイ駅
AI大手Tifana社のAI「さくらさん」による無人接客サービス。
JR東日本 高輪ゲートウェイ駅
ICカードのタッチ位置を工夫した、QRコード対応(準備)自動改札機。
JR東日本 高輪ゲートウェイ駅
コンコースは2階をぐるっと通路が通り、中央が吹き抜けています。大屋根のデザインが特徴。
JR東日本 高輪ゲートウェイ駅
コンコース内に設けられたアーティスティックなサイネージ。
JR東日本 高輪ゲートウェイ駅
意匠性を重視し木材や切り文字を用いた案内サイン。
JR東日本 高輪ゲートウェイ駅
ホーム。屋根構造の複雑さが目に留まります。長距離を柱なくまたいでいる架線。

概要

開業初日は切符を買い求める人で大変な混雑となった、高輪ゲートウェイ駅。直前には物議を醸した明朝体の看板をはじめ、駅全体が素朴な木材などを多用した、デザイン性の高い設計となっています。特に中心部分の吹き抜けは大変開放的で、夜間は他の駅に見ない明るく温かみのある雰囲気に包まれていました。看板類は柱を活用した吊り下げ型で、開放感を損ねない工夫がなされています。改札口は現在は1か所ですが、駅前に大規模なビジネス・商業施設が開業した暁には反対側にもう1か所改札口を設ける準備がされていました。また、AI案内や無人コンビニ(準備中)など、先進のIoT設備を取り入れていることでも話題です。暗い話題が世間を包む時世だからこそ、新駅が繁栄することを願っています。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

京王8000系(サハ8564号)車内デザイン
近鉄1435系 車内デザイン
都営10-300形(6次車)車内デザイン
Osaka Metro66系(初期車・未更新)車内デザイン
JR東日本E231系(近郊タイプ2004年~製)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました