【座席モケット紹介】相鉄21000系

相鉄21000系座席モケット 座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

相鉄21000系 座席モケット
座席モケット
相鉄21000系 座席(全体像)
座席(全体像)

概要

21000系は東急目黒線との直通運用に向けて導入された、20000系の8両編成バージョンです。2021年から製造されています。

車内はデザイン性が高いもので、新しい相鉄のCIを取り入れています。座席はバケットシートで背もたれと座布団それぞれにくぼみがある形状です。モケットは細かい柄の入ったグレー系のモケットで、12000系などと共通です。スタンションポールは座席間に2か所あり、袖仕切りは上から下まで連なるガラス製のものが採用されたユニークなデザインです。20000系列の窓は左右対称2連型で、着色ガラスが用いられています。

2023年からの直通運転開始で運行範囲が拡大し、相鉄の新しいデザインが多くの人に認知されつつあります。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ9000系(5次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
タイトルとURLをコピーしました