名鉄3300系(2次車)車内デザイン

名鉄3300系2次車車内 名鉄

2004年から製造されているステンレス製通勤型車両、名鉄3300系のうち、2005年製の2次車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名鉄3300系(2次車)車内
車内
名鉄3300系(2次車)座席(転換クロスシート部)
座席(転換クロスシート部)
名鉄3300系(2次車)座席(ロングシート部)、袖仕切り、スタンションポール
座席(ロングシート部)、袖仕切り、スタンションポール
名鉄3300系(2次車)優先席
優先席
名鉄3300系(2次車)貫通路
貫通路
名鉄3300系(2次車)車いすスペース、折り畳み座席
車いすスペース、折り畳み座席
名鉄3300系(2次車)乗務員室背面
乗務員室背面
名鉄3300系(2次車)号車表示器
号車表示器
名鉄3300系(2次車)客用ドア
客用ドア
名鉄3300系(2次車)LED車内案内装置
LED車内案内装置
名鉄3300系(2次車)吊革、天井部
吊革、天井部
名鉄3300系(2次車)吊革(優先席)
吊革(優先席)

概要

名鉄3ドア車としては初のステンレス車両で、4両編成が3300系を名乗っています。今回は初期に導入されたオーロラビジョンと呼ばれる表示器を車外に搭載しています。

車内はセミクロスシート配置で、中央部を境に転換クロスシートとロングシートに分かれています。シートモケットは青紫色系、優先席はピンク色のモケットが採用され、袖仕切りも大型化されています。また、吊革はロングシート部に設置され、吊革受けのパイプが天井下に配置される標準的な構造が採用されました。ドア上にはLED式の案内装置、また妻面にはLED式の号車表示器が設置されています。窓は着色ガラスで、車端部の窓は折戸で開閉可能です。

塗装が変更されより近代的な印象に変化し、増備車と合わせて名鉄各線で運行されています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

山陽3000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪8000系
関東鉄道キハ2300形 車内デザイン
【座席モケット紹介】JR東日本E131系500番台
【特集】近鉄&南海 車内化粧板の木目回帰
タイトルとURLをコピーしました