【過去の車両】JR西日本117系300番台 車内デザイン

JR西日本117系300番台 JR西日本

1976年に近畿地区の新快速向けに誕生した2ドア転換クロスシート車、JR西日本117系のうち、セミクロスシートの300番台の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR西日本117系300番台 
車内
JR西日本117系300番台 
座席(ロングシート部)、袖仕切り
JR西日本117系300番台 
座席(転換クロスシート部)
JR西日本117系300番台 
優先座席
JR西日本117系300番台 
貫通路
JR西日本117系300番台 
トイレ
JR西日本117系300番台 
乗務員室背面
JR西日本117系300番台 
客用ドア
JR西日本117系300番台 
吊革
JR西日本117系300番台 
荷棚
JR西日本117系300番台 
天井部

概要

シティライナーの愛称で親しまれた優等列車、117系。1992年には福知山線の混雑緩和のため一部ロングシート化されています。

とはいえ車体中心部にはオリジナルの転換クロスシートが残ります。300番台は0番台から引き継いだバケット形状化されていない、茶色のシートが並んでいます。一方ドア付近はロングシート化され、板型の袖仕切りが用意されました。また吊革が設置され荷棚周りのパイプ構造が賑やかになりました。車端部は木目の化粧板で高級感が演出され、天井はフラットで蛍光灯にカバーがついた連続照明デザインです。また、客用ドアも化粧板仕上げで全体的に完成度の高い車両です。

2023年3月まで湖西線や草津線などで最後の活躍をしていましたが、このほど引退となりました。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

愛知環状鉄道2000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】大井川鐡道7200系
山陽3000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪8000系
関東鉄道キハ2300形 車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました