JR西日本117系100番台 車内デザイン

JR西日本117系100番台車内 JR西日本

1986年、数年ぶりに増備された際に仕様が変更されて誕生した、JR西日本117系100番台電車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR西日本117系100番台 車内
車内
JR西日本117系100番台 座席(転換クロスシート)
座席(転換クロスシート)
JR西日本117系100番台 優先座席
優先座席
JR西日本117系100番台 貫通路
貫通路
JR西日本117系100番台 客用ドア
客用ドア
JR西日本117系100番台 吊革
吊革
JR西日本117系100番台 荷棚
荷棚
JR西日本117系100番台 天井部
天井部

概要

国鉄時代末期に増備された車両で、晩年関西地区では中間車のみが一部に残っていた車両です。

まず目に留まるのが窓配置で、1枚下降窓に変更され外観・内装ともすっきりしました。座席はバケットシートに変更され座り心地が改善し、ドア横のスペースが拡大されて混雑対策が施されています。この番台の車両は福知山線向けの改造を受けておらず、ロングシートは設置されていないため、登場時に近い姿がそのまま残っています。妻面の木目調、フラットな天井、カバーのかかった蛍光灯なども合わせて非常に落ち着きのある仕上がりのインテリアです。

関西地区では貴重な車両でしたが、こちらも300番台とともに運用を外れました。一方、岡山地区には現在も100番台車が活躍しています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】JR西日本700系7000番台(自由席)
【特集】近鉄通勤型袖仕切りコレクション
南海9000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR東海HC85系
京成3700形(1次車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました