【座席モケット紹介】阪堺モ501形

阪堺モ501形座席モケット 座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

阪堺モ501形 座席モケット
座席モケット
阪堺モ501形 座席(全体像)
座席(全体像)

概要

1957年、阪堺電車の前身となる南海が導入した車両です。南海らしい袖仕切り形状などが残っている貴重な車両です。

座席モケットは比較的最近まで南海と同じ臙脂色でしたが、順次モ701形などとおなじオレンジ色の座席モケットへの張り替えが進められています。優先座席などでの区別はありません。化粧板は模様の入った薄緑色の車両と、クリーム色の車両の2種類が存在します。窓は一段下降窓で、桟が細く開放感のある内装が特徴です。また、床は緑色系となっています。

冷房改造もされており、引き続き阪堺電車で活躍中です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【特集】近鉄通勤型袖仕切りコレクション
南海9000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR東海HC85系
京成3700形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】都営12-600形(1次車)
タイトルとURLをコピーしました