【過去の車両】南海9000系(未更新車)車内デザイン

南海9000系未更新車車内 南海

1985年に登場した南海本線系統向けのステンレス車両、9000系電車のうち、未更新時代末期の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

南海9000系(未更新車)車内
車内
南海9000系(未更新車)座席、袖仕切り、カーテン
座席、袖仕切り、カーテン
南海9000系(未更新車)優先座席
優先座席
南海9000系(未更新車)貫通路
貫通路
南海9000系(未更新車)乗務員室背面
乗務員室背面
南海9000系(未更新車)客用ドア
客用ドア
南海9000系(未更新車)吊革
吊革
南海9000系(未更新車)荷棚
荷棚
南海9000系(未更新車)天井部
天井部

概要

南海本線系統としては初めての軽量ステンレス車体を採用した9000系。4両編成はリニューアル工事が進み、令和3年現在6両編成に未更新車が残ります。

車内は3度目の座席交換により、大きく雰囲気が変化しています。壁はベージュ系で、広々とした天井が特徴。最近までグレー系だった座席モケットは最近8300系に準じた、茶色系に変更されています。優先座席は青色で一般座席との差別化が図られました。袖仕切りは初めて板型のものを採用し、木目が張られています。カーテンはオリジナルは青色でしたが、現在はベージュに改められました。

2022年に最後の編成がリニューアル工事され、オリジナルの車内は見納めとなりました。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

JR四国1500形(8次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】近鉄6820系(優先座席)
【特集】在りし日の阿蘇山ロープウェー
神鉄2000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州813系2200番台(ロングシート改造車)

タイトルとURLをコピーしました