南海6200系(1985年増備車)車内デザイン

南海6200系1985年増備車車内南海

1974年から製造された南海高野線向けのステンレス通勤型車両、6200系のうち、1985年に増備された中間車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

南海6200系(1985年増備車)車内
車内
南海6200系(1985年増備車)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
南海6200系(1985年増備車)貫通路
貫通路
南海6200系(1985年増備車)客用ドア
客用ドア
南海6200系(1985年増備車)吊革
吊革
南海6200系(1985年増備車)荷棚
荷棚

概要

今回は少しニッチな車両のご紹介です。6200系は70年代に増備された通勤型車両ですが、6両編成化のため増備された中間車があり、今回ご紹介するのは85年に増備された車両です。

車内は全体的に8200系(現在の6200系50番台)をベースとした構成となっています。初期車との大きな違いは化粧板の色で、薄茶色から薄いピンク色に変化し車内全体が明るくなりました。6000系更新車などと同様の内装です。また、6200系後期車同様、パイプタイプの荷棚が採用されたほか、客用ドアや貫通ドアの中央部のドア押さえレールが廃止されています。カーテンは後年暖色系に変更されました。

8200系が更新を受けてリニューアルされた現在、80年代の車内の雰囲気が残る貴重な車両です。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました