JR東日本205系3100番台(2WAYシート)車内デザイン

JR東日本205系3100番台2WAYシート車内JR東日本

2002年から改造の上仙石線に導入されたJR東日本205系電車のうち、2WAYシート車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR東日本205系3100番台(2WAYシート)車内
車内
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)座席(デュアルシート・ロングシート時)、袖仕切り
座席(デュアルシート・ロングシート時)、袖仕切り
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)優先席
優先席
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)貫通路
貫通路
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)車いすスペース
車いすスペース
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)身障者対応トイレ
身障者対応トイレ
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)乗務員室背面
乗務員室背面
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)客用ドア
客用ドア
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)半自動ドアボタン
半自動ドアボタン
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)吊革
吊革
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)吊革(優先席)
吊革(優先席)
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)荷棚
荷棚
JR東日本205系3100番台(2WAYシート)天井部
天井部

概要

103系置き換え用に、もともと山手線で活躍していた国鉄製205系を改造の上導入されました。うち石巻方の先頭車1両が、今回のように改造された車両がいくらかあります。

外観はカラフルな帯で判別可能ですが、編成中1両のみがこの内装で、座席がデュアルシートに換装されています。モケットは深みのある赤色系になりました。一方で袖仕切りが残っているのが面白いところです。ドアエンジンを撤去した関係で鴨居の形状が変化しています。また妻面にはトイレが設置され、トイレの向かいには車いすスペースが用意されています。そのほかは205系としての原形をよく留めています。

JR東日本205系3100番台(2WAYシート)半クロスシート時の車内(2014年ごろ)
半クロスシート時の車内(2014年ごろ)

現在はどうやらロングシート方向に固定されているようですが、かつてはクロスシート運用、あるいは上写真のように半分だけクロスシートにされた状態での運転が見られました。ベースが国鉄生まれの205系ということもあり、その寿命も気になるところです。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました