【座席モケット紹介】近江鉄道100形

近江鉄道100形座席モケット座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

近江鉄道100形 座席モケット
座席モケット
近江鉄道100形 座席(全体像)
座席(全体像)

概要

こちらは元西武101系(301系)を譲り受け運行開始した、100形と呼ばれる車両の内装です。非常に明るい印象にまとまる中、鮮やかなモケットが目に留まります。

この青いモケットは近年の近江鉄道では標準のデザインで、一見すると落ち着きのある青色ですが、間近に寄ってその柄を見てみると非常に複雑で、青をベースとしながら、一部に黄色やピンク色が織り込まれることで、より鮮やかさと深みのある模様に仕上がっているようです。バケット構造は採用されておらず、座席中央部にはスタンションポールが設置されました。袖仕切りは西武時代からのT型バーが組み込まれたパイプ構造です。

100形は旧来からの西武中古車を置き換え、近江鉄道の快適性向上に一躍買う存在となりました。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました