【座席モケット紹介】名古屋市営地下鉄6000形(試作車)

名古屋市営地下鉄6000形試作車座席モケット 名古屋市営地下鉄

座席モケット紹介

Photo Gallery

名古屋市営地下鉄6000形(試作車)座席モケット
座席モケット
名古屋市営地下鉄6000形(試作車)座席(全体像)
座席(全体像)

概要

地下鉄桜通線の開通より少し前、昭和62年に先行的に導入された試作車がこちらです。他の車両とは異なる点がいくらかあります。

座席モケットは近年張り替えられたため、深みのあるえんじ色に、田の字がラの着席区分が入った、地下鉄ではお馴染みのデザインに変更されています。この試作車特有の特徴として、袖仕切りがパイプ仕切り構造になっている点と、座布団がバケットシートではなく、縫い目で着席区分を示した形状となっている点が挙げられます。座席以外にもいくらか異なる点があり、引退間近の3000形に近いパーツも見られます。

桜通線の異端児として、他の6000形や6050形に交じって日々活躍しています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ9000系(5次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
タイトルとURLをコピーしました