JR東日本E721系1000番台 車内デザイン

JR東日本E721系1000番台車内JR東日本

仙台を中心とした東北地区で活躍する低床近郊型車両、JR東日本E721系電車のうち、4両編成で2016年から増備された1000番台の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR東日本E721系1000番台 車内
車内
JR東日本E721系1000番台 座席(セミクロスシート)、袖仕切り
座席(セミクロスシート)、袖仕切り
JR東日本E721系1000番台 ドリンクテーブル
ドリンクテーブル
JR東日本E721系1000番台 座席(ロングシート部)
座席(ロングシート部)
JR東日本E721系1000番台 優先席、半自動ドア開閉ボタン
優先席、半自動ドア開閉ボタン
JR東日本E721系1000番台 貫通路
貫通路
JR東日本E721系1000番台 車いすスペース
車いすスペース
JR東日本E721系1000番台 乗務員室背面
乗務員室背面
JR東日本E721系1000番台 客用ドア、身障者対応トイレ
客用ドア、身障者対応トイレ
JR東日本E721系1000番台 LED車内案内装置
LED車内案内装置
JR東日本E721系1000番台 吊革
吊革
JR東日本E721系1000番台 吊革(優先席)
吊革(優先席)
JR東日本E721系1000番台 荷棚
荷棚
JR東日本E721系1000番台 天井部
天井部

概要

久しぶりに増備されたE721系。719系置き換えを目的に誕生した車両で、初の4両編成となり中間車が誕生。一方でワンマン準備工事等は省略されました。

外観は帯色が桜色になり一目で判別できます。内装については基本番台を基本的に踏襲しており、セミクロスシートのゆったりとした配置に青いシート、高い天井という構成です。1000番台に見られる変化点としては、照明のLED化、ドア上LED案内装置の形状、クロスシート背板のグレー化などが見受けられます。東北地区ではお馴染みの両開き貫通ドアも引き続き採用されています。トイレは福島寄りに設けられています。

低床車ならではの非常に広々とした明るい印象の内装で東北地区の快適性を一気に向上させた同系。今後も増備されるのか気になるところです。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

Osaka Metro23系(1995年増備車)車内デザイン
横浜市営地下鉄10000形(2次車)車内デザイン
【番外】第4回 今はもう見られない車内デザイン8選
名鉄5000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】静鉄A3000形

タイトルとURLをコピーしました