名鉄3100系(2次車・新塗装)車内デザイン

名鉄3100系2次車新塗装車内名鉄

1997年に登場したストレートボディの2連車3100系、その2次車のうち、特急に合わせた新塗装をまとった車両の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

名鉄3100系(2次車・新塗装)車内
車内
名鉄3100系(2次車・新塗装)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
名鉄3100系(2次車・新塗装)優先席
優先席
名鉄3100系(2次車・新塗装)貫通路
貫通路
名鉄3100系(2次車・新塗装)車いすスペース
車いすスペース
名鉄3100系(2次車・新塗装)乗務員室背面
乗務員室背面
名鉄3100系(2次車・新塗装)LED車内案内装置
LED車内案内装置
名鉄3100系(2次車・新塗装)客用ドア
客用ドア
名鉄3100系(2次車・新塗装)吊革
吊革
名鉄3100系(2次車・新塗装)吊革(優先席)
吊革(優先席)
名鉄3100系(2次車・新塗装)荷棚
荷棚
名鉄3100系(2次車・新塗装)天井部
天井部

概要

スカーレットをまとった通勤型車両としては最後の登場となる3100・3700系電車。ストレートボディですっきりした外観が特徴ですが、特急増結を考慮し塗装変更された編成が後年誕生しました。

車内は基本的には製造時のままで、ベージュ系のカラーリングです。2次車の特徴として、天井板の中央部分がグレーパープル系に変更されています。また、新塗装化された車両は3150系などと同じ紫色系の座席モケットに変更されており、一気に車内の印象が変化しています。ただし、バケットシート化はされていないのが面白い点です。天井から生えた吊革や、車端部に設置されたLED車内案内装置など、名鉄らしさが各所に残っています。

4連の3700系電車に比べるとそれなりの台数が存在する3100系。新塗装をまとい引き続き広く全線で活躍が期待できます。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました