京阪2400系 車内デザイン

京阪2400系車内 京阪

1969年、関西初の冷房装置付き通勤型車両として製造された京阪2400系電車のうち、2454編成の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京阪2400系 車内(茶色床)
車内(茶色床)
京阪2400系 車内(緑色床)
車内(緑色床)
京阪2400系 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
京阪2400系 優先座席(新モケット)
優先座席(新モケット)
京阪2400系 優先座席(旧モケット)
優先座席(旧モケット)
京阪2400系 貫通路
貫通路
京阪2400系 乗務員室背面
乗務員室背面
京阪2400系 客用ドア
客用ドア
京阪2400系 吊革
吊革
京阪2400系 吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
京阪2400系 荷棚
荷棚
京阪2400系 天井部
天井部

概要

2200系に続いて製造された丸いボディの通勤型車両です。分散式の冷房装置を搭載した姿が特徴の車両です。

車内は更新工事を受けた際に、6000系に準じたカラーリングに変更され明るくなりました。化粧板はベージュ、座席は緑です。今回ご紹介する2454編成では2007年に1両おきに床色が茶色・緑色に交互の配色が採用されています。また、更新工事時に妻面の窓が1枚固定窓に変更されています。座席の定員数は少なく、ラッシュ対策としてドア横のスペースが大きくとられています。また一時期、座席モケットの試験交換等が行われていましたが、現在は緑色に統一され、優先座席は徐々にオレンジ1色へ変化しています。

廃車も始まっていますが、7両編成の機動力を活かして京阪本線の全区間でよく見かける存在です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
叡電800系(デオ810形)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました