JR東日本211系1000番台 車内デザイン

JR東日本211系1000番台車内 JR東日本

国鉄末期に誕生した軽量ステンレスボディの近郊型車両、JR東日本211系のうち、セミクロスシートで残る1000番台の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR東日本211系1000番台 車内
車内
JR東日本211系1000番台 座席(セミクロスシート部)、袖仕切り
座席(セミクロスシート部)、袖仕切り
JR東日本211系1000番台 座席(ロングシート部)
座席(ロングシート部)
JR東日本211系1000番台 優先席
優先席
JR東日本211系1000番台 座席(トイレ前クロスシート部)
座席(トイレ前クロスシート部)
JR東日本211系1000番台 貫通路
貫通路
JR東日本211系1000番台 トイレ
トイレ
JR東日本211系1000番台 乗務員室背面
乗務員室背面
JR東日本211系1000番台 客用ドア
客用ドア
JR東日本211系1000番台 半自動ドア開閉ボタン
半自動ドア開閉ボタン
JR東日本211系1000番台 吊革
吊革
JR東日本211系1000番台 吊革(優先席)
吊革(優先席)
JR東日本211系1000番台 荷棚
荷棚
JR東日本211系1000番台 天井部
天井部

概要

1000番台は寒冷地仕様として誕生した211系です。主に高崎線や宇都宮線での使用を想定して誕生したグループになります。

座席は0番台のセミクロスシートを踏襲しており、ボックスシートが並んでいます。モケットは当初えんじ色でしたが現在は青色系に変更されています。端部はロングシートとなっており、トイレ前のみ枕木方向に座席がセットされています。吊革はロングシート部に設置されています。座席袖は板型の仕切りが当初より設置されていますが、後年透明板によって大型化されているのが特徴です。ドアは半自動開閉式です。妻面の貫通路部分のみ化粧板の色が違うのがオシャレなポイントです。

こちらの車両は現在長野地区に配置されており、中央本線などを中心に活躍しています。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】小田急1000形(未更新車)
JR四国1500形(8次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】近鉄6820系(優先座席)
【特集】在りし日の阿蘇山ロープウェー
神鉄2000系 車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました