阪急8300系(1993年~増備車)車内デザイン

阪急8300系1993年増備車車内車内

1989年に導入された阪急京都線系統のVVVFインバータ制御搭載アルミ車両、8300系のうち、前面デザインが変化した1993年以降増備車の車内デザインをご紹介します。(2022.5.15写真差替)

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

阪急8300系(1993年~増備車)車内
車内
阪急8300系(1993年~増備車)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
阪急8300系(1993年~増備車)優先座席
優先座席
阪急8300系(1993年~増備車)貫通路
貫通路
阪急8300系(1993年~増備車)車いすスペース
車いすスペース
阪急8300系(1993年~増備車)乗務員室背面
乗務員室背面
阪急8300系(1993年~増備車)客用ドア
客用ドア
阪急8300系(1993年~増備車)パワーウインドウ
パワーウインドウ
阪急8300系(1993年~増備車)吊革
吊革
阪急8300系(1993年~増備車)荷棚
荷棚
阪急8300系(1993年~増備車)天井部
天井部

概要

1993年、8000系・8300系とも従来の額縁型前面デザインをやめ、後退角のついたデザインに変化しました。その世代の車内デザインです。

とはいっても基本的には初期製造車両と同様の内装で、濃いマホガニーの化粧板、オリーブの座席という構成です。後年変化が見られたポイントとして、床は当初カフェ色1色でしたが、現在はベージュ系でタイル柄があしらわれたものに変更されています。また、優先座席が濃いピンク色系のモケットに変化しています。足回りも更新されていますが、車内はこれ以外は大きな変化がなく、鎧戸も残されています。

この世代も次第に更新工事を受けるのではと思われます。とはいえ、名作と称すべき大変美しい車両ですので、引き続き活躍していくれることを期待したいところです。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

都営6300形(1次車01編成)車内デザイン
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)車内デザイン
【番外】近鉄信貴線2400系の思い出
【座席モケット紹介】東急5080系(8連化増備車)
東武8000系(初期車・更新車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました