京都市営地下鉄50系 車内デザイン

京都市営地下鉄50系車内京都市営地下鉄

1997年、京都市営地下鉄東西線の開通に合わせて誕生した小型地下鉄車両、50系電車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京都市営地下鉄50系 車内
車内
京都市営地下鉄50系 座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
京都市営地下鉄50系 優先座席
優先座席
京都市営地下鉄50系 貫通路
貫通路
京都市営地下鉄50系 車いすスペース
車いすスペース
京都市営地下鉄50系 乗務員室背面
乗務員室背面
京都市営地下鉄50系 客用ドア
客用ドア
京都市営地下鉄50系 LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
京都市営地下鉄50系 吊革
吊革
京都市営地下鉄50系 吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
京都市営地下鉄50系 荷棚
荷棚
京都市営地下鉄50系 天井部
天井部

概要

開業時から6両編成で運用されている車両で、1度の増備を経ていますが基本的には同一仕様で全編成がそろった車両です。

外観はホームから見ることはできませんがステンレスにオレンジ色の帯を巻いています。内装は明るい白色系のベースに、鮮やかな紫色のシートモケットが映えます。モケットには着席区分柄としてひし形がプリントされ、袖仕切りの内側にもモケットが張られています。ドア上には当初LED車内案内装置が設置されていましたが、後年LCDディスプレイに交換されました。優先座席はシンプルなグレーで、吊革がオレンジ色に交換され、床に大きなプリントが貼り付けられています。

京阪京津線の車両とともに、京都の東西を結ぶ顔として活躍しています。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

都営6300形(1次車01編成)車内デザイン
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)車内デザイン
【番外】近鉄信貴線2400系の思い出
【座席モケット紹介】東急5080系(8連化増備車)
東武8000系(初期車・更新車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました