京成3400形 車内デザイン

京成3400形車内 京成

1993年、旧スカイライナーAE形の足回りを流用して誕生した普通鋼製の車両、京成3400形通勤型電車の車内デザインをご紹介します。(2023.3.6写真差替)

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京成3400形 車内
車内
京成3400形 座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
京成3400形 優先席
優先席
京成3400形 貫通路
貫通路
京成3400形 車いすスペース
車いすスペース
京成3400形 乗務員室背面
乗務員室背面
京成3400形 客用ドア
客用ドア
京成3400形 LED車内案内装置
LED車内案内装置
京成3400形 吊革
吊革
京成3400形 吊革(優先席)
吊革(優先席)
京成3400形 荷棚
荷棚
京成3400形 天井部
天井部

概要

京成の初代AE形スカイライナーの足回りを流用した車両のため、令和現在も直流モーターを唸らせながら活躍しているのがこの3400形です。

車体は鋼製であることを除けば3700形電車に準じており、内装も基本的な構造は3700形に準じた明るい車内です。大きな更新工事等は請けておらず、袖仕切りや窓ガラス、天井部など製造時点と変化がありませんが、座席モケットはラベンダー色に変更され、スタンションポールも設置されています。ドア上にはLED車内案内装置が用意されました。ドアは乗務員室含め、すべて無塗装となっています。

廃車も始まっており、もう残りは長くないのではと思われる同車。今のうちに記録しておきたい貴重な乗り心地です。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
叡電800系(デオ810形)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました