神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)車内デザイン

神戸市営地下鉄2000形車内神戸市交通局

1988年、路線延伸時にモデルチェンジして誕生した、神戸市営地下鉄2000形の更新車である、2000-02形電車の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)車内
車内
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)座席、袖仕切り、消火器
座席、袖仕切り、消火器
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)優先座席
優先座席
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)貫通路(広幅)
貫通路(広幅)
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)貫通路(扉付き狭幅)
貫通路(扉付き狭幅)
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)車いすスペース
車いすスペース
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)乗務員室背面
乗務員室背面
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)客用ドア
客用ドア
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)吊革
吊革
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)荷棚
荷棚
神戸市営地下鉄2000形(2000-02形)天井部
天井部

概要

前面が大型ガラスを使用した左右非対称スタイルとなり近代的な表情になったのが特徴の2000形。4編成という小所帯ながら1000形と共に活躍してきました。

車内はリニューアル工事を受けていますが、基本的には1000-02形を踏襲したやさしいカラーリングに落ち着きました。目立つ特徴としては座席端部の袖仕切りが登場当初より装飾性を持たせた形状となっている点で、更新時にスタンションポールが追加されました。座席モケット・床は更新時に落ち着いた色合いに変化しています。貫通路は複数の通路幅、ドア有無が編成内に混在しているのも面白い点です。日よけは鎧戸で、3枚の窓配置と相まって阪急らしさのようなものも取り入れられています。

残念ながら2022年ですべての編成が引退となる旨の公式発表がなされており、美しい外観と落ち着きのあるインテリアの組み合わせが見られる日はそう長くありません。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

Osaka Metro30000系(31系)1・2次車 車内デザイン
【番外】鉄道車両における「鴨居」の話
JR西日本115系(岡山地区2連ワンマン車)車内デザイン
伊豆箱根鉄道5000系(第1編成)車内デザイン
阪急5100系(リニューアル車)車内デザイン

タイトルとURLをコピーしました