京都市営地下鉄20系 車内デザイン

京都市営地下鉄20系車内 京都市営地下鉄

烏丸線10系の置き換えを目的に2022年から運行を開始した、京都市営地下鉄烏丸線20系電車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京都市営地下鉄20系 車内
車内
京都市営地下鉄20系 座席、袖仕切り、中仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、中仕切り、スタンションポール
京都市営地下鉄20系 立ち掛けシート(おもいやりエリア)
立ち掛けシート(おもいやりエリア)
京都市営地下鉄20系 優先座席
優先座席
京都市営地下鉄20系 貫通路
貫通路
京都市営地下鉄20系 車いすスペース
車いすスペース
京都市営地下鉄20系 乗務員室背面
乗務員室背面
京都市営地下鉄20系 客用ドア
客用ドア
京都市営地下鉄20系 LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
京都市営地下鉄20系 吊革
吊革
京都市営地下鉄20系 吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
京都市営地下鉄20系 荷棚
荷棚
京都市営地下鉄20系 天井部
天井部

概要

烏丸線としては初の新形式として20系が誕生しました。外観はアルミボディを踏襲していますが、10系に比べて大変洗練とした印象になりました。

車内は明るい白に鮮やかな黄緑色のシートが並び、近年流行のガラス製袖仕切りなどが採用されました。近鉄3220系と同様、各座席の端部1席には肘掛けが用意されました。貫通路のドアもガラス製が採用されています。特筆すべき点として運転台直後は「おもいやりエリア」と呼ばれる立ち席エリアとなり、中央部には展示台を兼ねた立ち掛けシートがあります。また、妻面上部には編成ごとに意匠の異なる釘隠しが設置されています。ドア上にはLCDディスプレイが採用されました。

京都市営地下鉄20系 釘隠し
釘隠し
京都市営地下鉄20系 グッドデザイン賞プレート、社名標
グッドデザイン賞プレート、社名標

各所に京都らしさをちりばめ、順次増備されています。京都市内の新しい顔として活躍を広げています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【特集】近鉄通勤型袖仕切りコレクション
南海9000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR東海HC85系
京成3700形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】都営12-600形(1次車)
タイトルとURLをコピーしました