【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)

相鉄20000系UDシート優先席座席モケット 座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

座席モケット
座席(全体像)

概要

相鉄20000系から導入された、ユニバーサルデザインシートと呼ばれる座席のご紹介です。一部の車端部に設置されました。

座席形状に特徴があり、座面がほかの座席よりも高く、奥行きが短いため、軽く腰掛け、立ち上がりやすく工夫されたシートを指します。また補助の役割で座席の間に肘掛けが設置されています。相鉄20000系の場合は優先席となっている場合とそうでない場合があります。座席モケットは他の優先席と共通の赤色系となっており、落ち葉を連想させる模様が入っています。グレートーンでまとめられた車内で目立つ存在です。

第一編成のみ、荷物置きを兼ねて座席下の空間に段差がありますが、2編成目以降は写真のように段差のない構造となっています。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

神戸新交通2020形 車内デザイン
【座席モケット紹介】JR北海道737系
都営12-600形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】秩父鉄道12系
JR東海HC85系(普通車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました