【座席モケット?紹介】岡電9200形(第1編成)

岡電9200形第1編成座席 岡電

座席モケット紹介

Photo Gallery

岡電9200形(第1編成)座席(木製・皮材)
座席(木製・皮材)
岡電9200形(第1編成)座席(全体像)
座席(全体像)

概要

2002年に岡電に導入された超低床車両で、愛称はMOMOです。今回はその第1編成の座席をご紹介します。

座席はモケット張りではなく、木材が採用されています。第1編成はこの木材がこげ茶色のものを採用しており、車内全体がシックな仕上がりです。座布団部分のみ後付けで革張りのクッションが用意されており、進行方向東山寄りが黒、岡山寄りが白となっています。座席は機器箱の配置によって変則的に用意されており、ボックス席、線路方向のシートなどさまざまです。車内はアルミ材と木材の調和が美しいデザインで、水戸岡鋭治氏によるものです。

導入から20年以上が経過しましたが、今でもMOMOがやってくるとお客様から様々な反響がみられる車両です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】JR西日本700系7000番台(自由席)
【特集】近鉄通勤型袖仕切りコレクション
南海9000系(リニューアル車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR東海HC85系
京成3700形(1次車)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました