【座席モケット紹介】京阪10000系

京阪10000系座席モケット 京阪

 

座席モケット紹介

Photo Gallery

座席モケット
座席(全体像)

概要

2002年に誕生した車両で、4両編成で支線向けに導入されたアルミ車両です。7200系のデザインをベースに設計されました。

車内についても6000系から続くオーソドックスなデザインを踏襲しています。座席については、登場当初は紺色1色のモケットが斬新でしたが、現在は風流の今様というテーマのデザインに変更されており、背中が黒にオレンジの曲線、座布団が黄緑色に波紋模様となっています。袖仕切りは内側にもモケットが貼られています。座席下は蹴込板があります。京阪らしいポイントとして、座面と背摺りの間に隙間がありヒーターの吹き出し口が用意されていますが、そのルーバーが着席区分の役割も果たしています。

現在は本線にも進出して活躍の幅が広がっています。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

東京メトロ9000系(5次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
タイトルとURLをコピーしました