東武50070型(初期車)車内デザイン

東武50070系車内東武

東武鉄道の主力50000系列のうち、2007年に副都心線や東横線への乗り入れ対応車として誕生した50070型の初期編成の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

東武50070型(初期車)車内
車内
東武50070型(初期車)座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
東武50070型(初期車)優先席
優先席
東武50070型(初期車)貫通路
貫通路
東武50070型(初期車)車いすスペース
車いすスペース
東武50070型(初期車)乗務員室背面
乗務員室背面
東武50070型(初期車)客用ドア
客用ドア
東武50070型(初期車)LCD車内案内装置、防犯カメラ
LCD車内案内装置、防犯カメラ
東武50070型(初期車)吊革
吊革
東武50070型(初期車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
東武50070型(初期車)荷棚
荷棚
東武50070型(初期車)天井部
天井部
東武50070型(初期車)防犯カメラ(照明部分)
防犯カメラ(照明部分)

概要

副都心線への直通運転開始時に誕生した派生形式です。車体の寸法などが50050型と異なっており、車外の行先・種別表示器がフルカラー化されたのもポイントです。

車内はA-train構造らしさが各所に見られる従来の50000系列のデザインを踏襲していますが、はじめて座席の色が青色系に変更されたのがこの形式です。登場当初は固定窓だった一部が現在開閉式に改造されています。また、ドア上には当初LED車内案内装置がありましたが、後年2連式のLCDディスプレイに改造され、合わせて防犯カメラが整えられました。

7編成が存在するうち、最初の5本がこの形態となっています。長距離で運用されているため意外と遭遇率が高くない存在でもあります。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

京阪600系(比叡山・びわ湖<山と水と光の廻廊>統一デザイン車両)車内デザイン
【座席モケット紹介】西鉄7000形
【番外】車内リニューアルBefore & After Part3
仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン
【座席モケット紹介】しなの鉄道115系
タイトルとURLをコピーしました