京阪10000系(1次車)車内デザイン

京阪

京阪電車の支線向けに投入された通勤型車両、10000系のうち初期車の車内デザインをご紹介します。(2022.1.9写真追加・差替)

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京阪10000系(1次車)車内
車内
京阪10000系(1次車)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
京阪10000系(1次車)優先座席、車いすスペース
優先座席、車いすスペース
京阪10000系(1次車)貫通路
貫通路
京阪10000系(1次車)乗務員室背面
乗務員室背面
京阪10000系(1次車)客用ドア
客用ドア
京阪10000系(1次車)LED車内案内装置
LED車内案内装置
京阪10000系(1次車)吊革
吊革
京阪10000系(1次車)吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
京阪10000系(1次車)荷棚
荷棚
京阪10000系(1次車)天井部
天井部

概要

支線向けとあってあまり脚光を浴びることのなかった10000系ですが、最近は編成組み換えで本線にも進出しています。

9000系までに比べると「京阪らしさ」がだいぶ薄れ、吊革も跳ね上げ式を廃止し、窓は着色ガラスで自動開閉も廃止されました。初期車は蛍光灯にカバーがつき、LED案内装置の筐体形状に相違がみられます。それでも1人掛けの座席やすっきりとした内装に、京阪ならではのやさしさがあふれているようで、個人的には好きな車両です。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

Osaka Metro23系(1995年増備車)車内デザイン
横浜市営地下鉄10000形(2次車)車内デザイン
【番外】第4回 今はもう見られない車内デザイン8選
名鉄5000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】静鉄A3000形

タイトルとURLをコピーしました