叡電800系(デオ810形)車内デザイン

叡電800系(デオ810形)車内デザイン 叡電

叡電鞍馬線の主力で活躍している2両編成、叡電800系電車のうち、後期に増備されたデオ810形の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

叡電800系(デオ810形)車内
車内
叡電800系(デオ810形)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
叡電800系(デオ810形)優先座席
優先座席
叡電800系(デオ810形)貫通路
貫通路
叡電800系(デオ810形)車いすスペース
車いすスペース
叡電800系(デオ810形)乗務員室背面
乗務員室背面
叡電800系(デオ810形)LCD車内案内、運賃表
LCD車内案内、運賃表
叡電800系(デオ810形)運賃箱
運賃箱
叡電800系(デオ810形)客用ドア
客用ドア
叡電800系(デオ810形)吊革
吊革
叡電800系(デオ810形)吊革(優先座席)
吊革(優先座席)
叡電800系(デオ810形)荷棚
荷棚
叡電800系(デオ810形)天井部
天井部

概要

合計5編成が存在する800系電車のうち、後期に製造された3編成がデオ810形です。

外観からの差異として窓枠が黒いサッシとなり洗練感が増しました。車内については初期車を踏襲しており、青色の座席が並ぶ明るい車内です。天井部にはアクセントで青いラインが入っています。貫通路は狭幅ですがドアはなく、両側に妻窓がついていて開放感があります。また車端部には車いすスペースが用意されました。ワンマン運転に対応しているため乗務員室背面にLCDディスプレイと運賃箱が設置されています。

1編成はギャラリートレインとなり全体に装飾が施されています。オーソドックスで美しい車内を楽しめる車両です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
叡電800系(デオ810形)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました