京成3700形(1次車)車内デザイン

京成3700形1次車車内 京成

1991年、非対称ブラックフェイスや軽量ステンレス車体などを採用して誕生した京成3700形電車のうち1次車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京成3700形(1次車)車内
車内
京成3700形(1次車)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
京成3700形(1次車)優先席
優先席
京成3700形(1次車)貫通路
貫通路
京成3700形(1次車)乗務員室背面
乗務員室背面
京成3700形(1次車)客用ドア
客用ドア
京成3700形(1次車)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
京成3700形(1次車)吊革
吊革
京成3700形(1次車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
京成3700形(1次車)荷棚
荷棚
京成3700形(1次車)天井部
天井部

概要

大幅なモデルチェンジとVVVFインバータ制御などの新機軸を備えて誕生したのが3700形です。1次車は前面種別幕の枠形状が異なるのがポイントです。

車内は1度リニューアルを受けています。白色系の化粧板を採用し、袖仕切りは板型タイプになりました。現在座席モケットはラベンダー色でバケットシートとなっています。車内リニューアル時に床の柄が変化しました。この次車の特徴として、窓ガラスが色ガラスになっておらず、車いすスペースが未設置などの違いが更新後にも残っています。ドア上の案内表示装置は近年細長いタイプのLCDディスプレイに換装されました。

増備時期や更新タイミングなどで車内バリエーションはいくらか存在します。初期車は京成本線や地下鉄線内などで広く活躍中です。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】相鉄20000系UDシート(優先席)
【特集】虫の目で見た車内デザイン
札幌市営地下鉄8000形(1次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】京阪10000系
叡電800系(デオ810形)車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました