JR西日本N700A4000番台(普通車)車内デザイン

JR西日本N700A4000番台車内JR西日本

東海道・山陽新幹線で活躍するN700系列新幹線車両のうち、2013年に登場したラージAと呼ばれるN700Aの、JR西日本所属編成(4000番台)車両の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR西日本N700A4000番台(普通車)車内
車内
JR西日本N700A4000番台(普通車)回転リクライニングシート(3列)
回転リクライニングシート(3列)
JR西日本N700A4000番台(普通車)回転リクライニングシート(2列)
回転リクライニングシート(2列)
JR西日本N700A4000番台(普通車)車端部大型テーブル
車端部大型テーブル
JR西日本N700A4000番台(普通車)座席コンセント
座席コンセント
JR西日本N700A4000番台(普通車)妻面
妻面
JR西日本N700A4000番台(普通車)LED車内案内装置
LED車内案内装置
JR西日本N700A4000番台(普通車)防犯カメラ
防犯カメラ
JR西日本N700A4000番台(普通車)デッキ、客用ドア
デッキ、客用ドア
JR西日本N700A4000番台(普通車)防犯カメラ(デッキ)
防犯カメラ(デッキ)
JR西日本N700A4000番台(普通車)荷棚
荷棚
JR西日本N700A4000番台(普通車)天井部
天井部

概要

JR東海に引き続き、西日本でもN700A(ラージA)の新造が行われました。編成番号はFを名乗っています。

車内メロディ等の違いは健在ですが、車内に関しては基本的にJR東海編成と同一設計となっています。座席は青色系で、初代N700よりスピーディな柄が入ったモケットを採用。枕部の横の張り出しが大きくなりました。車端部には大型LED車内案内装置が用意され、その隣には防犯カメラが備わっています。西日本編成と判別できる個所は、デッキのドア上に張られた「JR西日本」というシールの他、コロナ禍の現在では喫煙ルームの灰皿封鎖状況に差異が見受けられます。

運用は原則固定されていますが、東海道・山陽新幹線ののぞみ号をはじめ広く活躍しており、出会えたら少しだけラッキーな気持ちになれる車両です。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

Osaka Metro23系(1995年増備車)車内デザイン
横浜市営地下鉄10000形(2次車)車内デザイン
【番外】第4回 今はもう見られない車内デザイン8選
名鉄5000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】静鉄A3000形
タイトルとURLをコピーしました