JR西日本113系(1965年製初期車・更新車)車内デザイン

JR西日本113系初期車車内JR西日本

JR西日本に引き継がれ、広島・下関地区で活躍した113系のうち、1965年製のクハの車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR西日本113系(1965年製初期車・更新車)車内
車内
JR西日本113系(1965年製初期車・更新車)座席(セミクロスシート)、袖仕切り
座席(セミクロスシート)、袖仕切り
JR西日本113系(1965年製初期車・更新車)乗務員室背面
乗務員室背面
JR西日本113系(1965年製初期車・更新車)天井部
天井部

概要

今回は引退済み車両をご紹介するプチ記事です。昭和40年に製造された、初期グループの113系クハ111-91の内装を少しだけご紹介します。

車内は初期型の特徴を色濃く残しており、特に乗務員室背面が3枚窓左右対称スタイルとなっている点が特徴です。狭いボックスシートは更新時に手すりが交換されています。また、簡易冷房改造車のため扇風機やその操作スイッチが残っているのも面白い点です。更新N工事を受けているため、車内のアコモデーションは明るく、広島・下関地区で見られるベージュのモケットともマッチしています。ドア上には大きな鴨居があるのも113系らしさです。

末期は115系とペアを組み、JR西日本の113系としては最古参として活躍してきました。相方となった115系も非常に珍しい冷房装置を積んだ車両で、変わり種編成として愛されましたが、2012年に廃車となりました。

関連項目

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

流鉄5000形流星 車内デザイン
福岡市地下鉄3000系 車内デザイン
阪神5700系 車内デザイン
【座席モケット紹介】山陽5030系(優先座席)
【番外】東京ディズニーリゾートの鉄道車内

タイトルとURLをコピーしました