京成3700形(後期車)車内デザイン

京成3700形後期車車内京成

京成の平成時代の顔、3700形ステンレス車両のうち、2000年以降に増備されたマイナーチェンジ車の更新後の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

京成3700形(後期車)車内
車内
京成3700形(後期車)座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
京成3700形(後期車)優先席
優先席
京成3700形(後期車)貫通路
貫通路
京成3700形(後期車)車いすスペース
車いすスペース
京成3700形(後期車)乗務員室背面
乗務員室背面
京成3700形(後期車)客用ドア
客用ドア
京成3700形(後期車)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
京成3700形(後期車)吊革
吊革
京成3700形(後期車)荷棚
荷棚
京成3700形(後期車)天井部
天井部

概要

10年以上にわたり製造された京成3700形は車内外ともバリエーションが豊富ですが、今回ご紹介する6・7次車は外観がリニューアルされたグループに当たります。

車内も大きく変化しており、まず袖仕切りの大型化が目につきます。形状は日車製造各社と同じデザインのもので、その先駆けともいえます。また貫通路付近の妻窓が廃止され、貫通ドアのガラスが下方に拡大されました。そのほかは個別シートの採用などが見られますが、モケット色は現在まで変化していません。更新工事を受け床がグレートーンになったほか、蛍光灯のLED化や車内案内装置のパッとビジョン化などが実施されました。ドア付近の床は黄色に着色されています。

一気に落ち着きが増した車内ですが、多くは製造されずその後は3000形へとシフトしました。更新工事も受けたので、引き続き幅広い運用で活躍してくれるものと思われます。

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台

タイトルとURLをコピーしました