JR九州817系1600番台 車内デザイン

JR九州817系1600番台車内JR九州

2001年に登場したワンマン対応2連アルミ車、JR九州817系のうち、2007年に登場した1100番台を2021年から一部ロングシート化した1600番台の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

JR九州817系1600番台 
車内
JR九州817系1600番台 
座席(ロングシート部)、袖仕切り
JR九州817系1600番台 
座席(クロスシート部)
JR九州817系1600番台 
優先席
JR九州817系1600番台 
貫通路
JR九州817系1600番台 
身障者対応トイレ
JR九州817系1600番台 
車いすスペース
JR九州817系1600番台 
乗務員室背面
JR九州817系1600番台 
ゴミ箱
JR九州817系1600番台 
客用ドア
JR九州817系1600番台 
LED車内案内装置
JR九州817系1600番台 
吊革
JR九州817系1600番台 
荷棚
JR九州817系1600番台 
天井部

概要

2021年から福岡地区の車両で改造が進められている混雑緩和対策。福北ゆたか線に所属する817系でも同様の対策が実施されることとなりました。

ベースは白色を基調とした内装にベージュ&ドット柄の床という組み合わせです。特徴的だった木製・革張りの転換クロスシートは、ドア間については座席そのものを90度回転させる形でロングシート化され、事前に撤去されていたドア横補助いすとの間に、BEC819系などと同様のガラス板による仕切りが追加されました。車端部はクロスシートが残っています。また、優先席は枕カバーで区別しています。それ以外に変化はなく、A-Trainらしい特徴的な構造が目に留まります。

813系に比べれば座席定員数に変化はない改造となった817系。よく見ると、座席裏側の腰当て部のクッションも残っており、いつか再び転換クロスに戻される日を願いたくなります。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました