西武40000系(ロングシート車)車内デザイン

西武40000系ロングシート車車内 西武

2017年に誕生した西武40000系電車のうち、2019年から増備されている、50番台があてがわれたロングシート車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

西武40000系(ロングシート車)車内
車内
西武40000系(ロングシート車)座席、袖仕切り、スタンションポール
座席、袖仕切り、スタンションポール
西武40000系(ロングシート車)パートナーゾーン
パートナーゾーン
西武40000系(ロングシート車)優先席
優先席
西武40000系(ロングシート車)貫通路
貫通路
西武40000系(ロングシート車)プラズマクラスター発生装置
プラズマクラスター発生装置
西武40000系(ロングシート車)車いすスペース
車いすスペース
西武40000系(ロングシート車)乗務員室背面
乗務員室背面
西武40000系(ロングシート車)客用ドア
客用ドア
西武40000系(ロングシート車)半自動ドア開閉ボタン
半自動ドア開閉ボタン
西武40000系(ロングシート車)LCD車内案内装置、防犯カメラ
LCD車内案内装置、防犯カメラ
西武40000系(ロングシート車)吊革
吊革
西武40000系(ロングシート車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
西武40000系(ロングシート車)荷棚
荷棚
西武40000系(ロングシート車)天井部
天井部

概要

初期車はデュアルシートで導入されましたがこちらはロングシートで導入された車両です。30000系に比べるとさまざまな新しさが見られます。

座席は青色系のハイバックシートで、袖仕切りはシンプルな形状のガラス仕切りです。目につくポイントとしては、先頭車へパートナーゾーンが用意された点や、半自動ドアなどがあります。高天井がとても特徴的で、蛍光灯が中央に寄った非常に珍しい配置になっています。荷棚は透明で、吊革はやさしい青紫色が採用されました。貫通路は引き続きガラス製で、木目調の化粧板がアクセントとなっています。ドア上にはLCDディスプレイが設置されています。

2019年以降はロングシート車が順次増備されており、東急線まで含めて見かける車両となりました。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】小田急1000形(未更新車)
JR四国1500形(8次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】近鉄6820系(優先座席)
【特集】在りし日の阿蘇山ロープウェー
神鉄2000系 車内デザイン
タイトルとURLをコピーしました