千葉モノレール1000形(3次車)車内デザイン

千葉モノレール1000形3次車車内千葉モノレール

千葉モノレールの現役最古参で、1993年に増備された千葉モノレール1000形の3次車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

千葉モノレール1000形(3次車)車内
車内
千葉モノレール1000形(3次車)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
千葉モノレール1000形(3次車)優先席
優先席
千葉モノレール1000形(3次車)非常用貫通路
非常用貫通路
千葉モノレール1000形(3次車)車いすスペース
車いすスペース
千葉モノレール1000形(3次車)乗務員室背面
乗務員室背面
千葉モノレール1000形(3次車)客用ドア
客用ドア
千葉モノレール1000形(3次車)吊革
吊革
千葉モノレール1000形(3次車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
千葉モノレール1000形(3次車)天井部
天井部

概要

開業時から活躍する1000形ですが、路線延長などの節目ごとに4回にわけて増備された車両です。今回ご紹介するのはその3次車になります。

基本的な車内の構造は大きくは変わっておらず、白色系の内装にグレー系の床面の組み合わせです。座席モケットは紫色系で、個別シート構造となっています。4次車との違いは袖仕切りで、エッジ部分が4次車は金属加工されているのに対し、こちらは塗装仕様となっています。荷棚は無く、吊革がフラットな天井に下がっています。

千葉モノレールらしい落ち着いてのんびりとした雰囲気を残す魅力的な乗り心地。3次車も順次引退が予想されます。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました