【座席モケット紹介】遠鉄2000形(後期車)

遠鉄2000形座席モケット 座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

遠鉄2000形(後期車)座席モケット
座席モケット
遠鉄2000形(後期車)座席(全体像)
座席(全体像)

概要

1999年以降、長期にわたってゆっくりと増備されている2000形車両。VVVF制御を採用した一方、1000形同様の車体が採用されています。

座席については初期型は紫とグレーの2色を用いたバケットシートでしたが、後期車では紫一色となり、座席間には2本のスタンションポールが追加されました。座席形状はバケットシートで、背摺り・座面とも同じ紫色系のモケットが採用されています。袖仕切りは板型で、内側にもモケットが張られています。写真の編成は窓が着色ガラスとなりカーテンが廃止されましたが、銀サッシ2段窓が引き続き採用されています。化粧板は明るい白、床は模様の入ったベージュ系で明るくまとまっています。

今回ご紹介した車両は2021年に増備された編成です。引き続き同系が増備されるのか注目です。

関連項目

 

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

JR四国1500形(8次車)車内デザイン
【座席モケット紹介】近鉄6820系(優先座席)
【特集】在りし日の阿蘇山ロープウェー
神鉄2000系 車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州813系2200番台(ロングシート改造車)

タイトルとURLをコピーしました