【座席モケット紹介】東武30000系(後期車)

東武30000系後期車座席モケット座席モケット

座席モケット紹介

Photo Gallery

東武30000系(後期車)座席モケット
座席モケット
東武30000系(後期車)座席(全体像)
座席(全体像)

概要

東武30000系は1997年から製造された通勤型車両で、現在はすべて東上本線に集約されています。

座席モケットは東武としては非常に珍しい深い青色系のモケットを採用し現在に至っています。今回ご紹介する後期車についてはバケットシートを採用されており、袖仕切りも大型化されました。座席モケットには細かい模様が入っており、赤色系の縦向きのラインで着席区分が明示されています。バケットシートを採用していますが、3-4人でスタンションポールが設置されています。

全車両が集約され東上本線の主力となった30000系。同線を代表するインテリアデザインとして日々活躍しています。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

京阪600系(比叡山・びわ湖<山と水と光の廻廊>統一デザイン車両)車内デザイン
【座席モケット紹介】西鉄7000形
【番外】車内リニューアルBefore & After Part3
仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン
【座席モケット紹介】しなの鉄道115系
タイトルとURLをコピーしました