東京メトロ8000系(6次車)車内デザイン

東京メトロ8000系6次車車内東京メトロ

東京メトロ半蔵門線の8000系電車のうち、1994年に増備された中間車である6次車の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

東京メトロ8000系(6次車)車内
車内
東京メトロ8000系(6次車)座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
座席、袖仕切り、スタンションポール、カーテン
東京メトロ8000系(6次車)優先席
優先席
東京メトロ8000系(6次車)貫通路
貫通路
東京メトロ8000系(6次車)客用ドア
客用ドア
東京メトロ8000系(6次車)LCD車内案内装置
LCD車内案内装置
東京メトロ8000系(6次車)吊革
吊革
東京メトロ8000系(6次車)吊革(優先席)
吊革(優先席)
東京メトロ8000系(6次車)荷棚
荷棚
東京メトロ8000系(6次車)天井部
天井部

概要

8000系車両は初期編成の10両編成化のために増備された車両です。これまでの8000系とは大きく異なり、05系と同様の車体が採用されました。

内装についても当時の最新デザインを取り入れており、座席はバケットシートになり袖仕切りも丸形のものになりました。袖仕切りは2段式で、上のパイプにはモケットが張られています。カラーや設備は更新工事を受けた他車両に合わせられており、照明はLEDでドア上にはLCDディスプレイが設置されています。床は後年グレー系に変更されています。座席モケットは着席区分柄の入った紫色のものです。

非常に大きな窓も特徴的なこの車両も順次引退、廃車となる模様です。

関連項目

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました