阪急6000系(リニューアル車)車内デザイン

阪急6000系リニューアル車車内車内

1976年から製造された通勤型車両、阪急6000系のうち、リニューアルを受けた車両の車内デザインをご紹介します。

 

車内デザイン紹介

Photo Gallery

阪急6000系(リニューアル車)車内
車内
阪急6000系(リニューアル車)座席、袖仕切り
座席、袖仕切り
阪急6000系(リニューアル車)優先座席
優先座席
阪急6000系(リニューアル車)貫通路
貫通路
阪急6000系(リニューアル車)車いすスペース
車いすスペース
阪急6000系(リニューアル車)乗務員室背面
乗務員室背面
阪急6000系(リニューアル車)客用ドア
客用ドア
阪急6000系(リニューアル車)LED車内案内装置
LED車内案内装置
阪急6000系(リニューアル車)吊革
吊革
阪急6000系(リニューアル車)荷棚
荷棚
阪急6000系(リニューアル車)天井部
天井部
阪急6000系(リニューアル車)天井部(2200系編入車)
天井部(2200系編入車)

概要

一定数が導入された阪急6000系も順次更新工事が実施されましたが、うち2本は大規模なリニューアル工事が実施されました。

内装は化粧板が濃淡2色が混在するデザインとなりました。袖仕切りは板型モケット張りで、蹴込板はブロンズ色に塗装されています。貫通路は窓が大きいタイプで、妻面全体が濃いマホガニーとなりました。また客用ドアの窓が下方に拡大されているのも特徴です。荷棚は透明板を用いたデザインが採用されました。バリアフリー設備も整備され、ドアの斜め上あたりにLEDタイプの案内表示器が追加されています。天井のデザインは製造時期によりバリエーションがあります。

2編成は他の6000系・7000系とともに運用中です。バリエーションの多い阪急のなかで、2編成の少数派です。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】西鉄7000形
【番外】車内リニューアルBefore & After Part3
仙台空港鉄道SAT721系 車内デザイン
【座席モケット紹介】しなの鉄道115系
【番外】烏丸線10系インテリア進化の系譜
タイトルとURLをコピーしました