伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)車内デザイン

伊豆箱根鉄道3000系第6編成車内伊豆箱根鉄道

1979年に初登場した伊豆箱根鉄道駿豆線の3000系のうち、1997年に増備されたステンレス車、第6編成の車内デザインをご紹介します。

車内デザイン紹介

Photo Gallery

伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)車内
車内
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)座席(セミクロスシート)、袖仕切り
座席(セミクロスシート)、袖仕切り
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)優先席
優先席
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)貫通路
貫通路
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)車いすスペース
車いすスペース
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)乗務員室背面
乗務員室背面
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)客用ドア
客用ドア
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)LED車内案内装置
LED車内案内装置
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)吊革
吊革
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)吊革(優先席)
吊革(優先席)
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)荷棚
荷棚
伊豆箱根鉄道3000系(第6編成)天井部
天井部

概要

非常に長期間にわたって製造された近郊型ボディの伊豆箱根オリジナル車両、その最終編成です。1編成前が1987年だったため、10年ぶりの増備となりました。

現在同編成は、ラブライブのコラボレーションデザインを纏っています。内装も吊革が非常にカラフルで可愛いものに変化しています。全体的にはセミクロスシート配置で、87年に増備された車両とは座席形状や取っ手の形状が変化しました。また、客用ドアの上にはLED車内案内装置が設置され、バリアフリー設備が整えられました。座席モケットは同車でおなじみオレンジ色ですが、同編成ではバケットシートが採用されています。

前述のコラボレーションで、前面デザインも渋い青色をまといクールな印象をもった同編成。駿豆線を代表する顔として活躍し続けています。

その他

こちらの鉄道情報サイトに参加しています

よろしければ1日1回、クリックしていただけましたら幸いです。

鉄道コム

鉄道ニュースアンテナバナー

 

こちらもぜひご覧ください

【座席モケット紹介】阪神8000系
相鉄8000系(リニューアル車)車内デザイン
JR東海313系8000番台 車内デザイン
JR西日本105系(下関所属車)車内デザイン
【座席モケット紹介】JR九州817系3000番台
タイトルとURLをコピーしました